災害対策

防災グッズのおすすめ5選!選び方も分かりやすく紹介します!

編集者A
編集者A
Tさん!最近、日本では様々な災害のリスクが増えてきてるね!
編集者T
編集者T
そうだね、「日本は地震大国」なんて言葉があるくらいだからね。
編集者A
編集者A
そうなんだよ!だから最近ではその「災害への備え」として「防災グッズ」の関心が非常に高まっているんだ。
編集者T
編集者T
確かに、「備えあれば憂いなし」だね!
編集者A
編集者A
そこで今回はいざという時の備えておきたい「災害対策」の一つ、「防災グッズのおすすめ5選!」と「防災グッズの選び方」を分かりやすく紹介していくよ!
編集者T
編集者T
うん!大切なことだから是非、参考にさせてもらうよ!

防災グッズの「選び方」を解説します!

編集者A
編集者A
それじゃ今回は「災害対策」の一つ「防災グッズの選び方」から解説するよ!

防災グッズを「選ぶ前」に知っておきたい「知識」とは?

編集者A
編集者A
まず始めに防災グッズを「選ぶ前」に知っておきたい「知識」があるから紹介させてもらおうかな!
編集者T
編集者T
うん!
編集者A
編集者A
さっき、Tさんも言っていたように最近、日本は世界的に見ても「災害」が多い国と言われているよね。決して脅かすわけでははいけど、台風や水害、先々では首都直下型地震を引き起こす可能性が高い「南海トラフ地震」についても今後30年以内に「約30%~100%の確率」で地震が起こることを「政府」が公表した事実はしっかり受け止めて準備をしたいね!
編集者T
編集者T
そうだね!!
編集者A
編集者A
まず「防災グッズ」に対する「知識」として知っておきたいことは、防災グッズを「どのように準備するか?」という部分になるよ!防災グッズは大きく分けると、

自宅に用意しておく「備蓄用

実際に持って移動する「避難用

編集者A
編集者A
が考えられる。「備蓄用」は自宅に置いておけるから倉庫やクローゼットで長期的に過ごせる量や緊急時に役立つ道具が保存しておけるという特徴がある。もう一つの「避難用」は自宅が被災した場合や緊急時にすぐ持って移動できるように「リュック」に自分に必要な物を用意した防災グッズが販売されているんだ。
編集者T
編集者T
なるほど。
編集者A
編集者A
また、防災グッズとしては現在、「避難用」がメインで販売されているケースが多いんだ。ここで付け加えておきたいことは、

足りないものは「自分で補充する

編集者A
編集者A
ということを覚えておこう!自分に必要なアイテムは人それぞれ違うはず。完璧な防災グッズはそうそう無いはずだから、自分が「必要」と思っているアイテムは防災グッズの中に「自分で補充する」という意識を持っておいた方が良いかもしれないね!
編集者T
編集者T
ふむふむ。
編集者A
編集者A
それと、「避難用」の防災グッズで最低限、知っておきたい知識しては、

食料(非常食)は「最低3日分」を用意しよう!

編集者A
編集者A
という所かな!日本は非常に優秀な国で通常であれば、災害にあって水道やガスなどのライフラインが止まってしまった場合でも「3日間で復旧できる」と言われているんだ。もちろん、3日以上の時間を要する大災害も予測して出来る限りの用意ができれば最高だね。
編集者T
編集者T
参考になるよ!
編集者A
編集者A
また、今回は主に「避難用」に焦点を合わせた防災グッズを紹介するから是非、参考にしてみてね!
編集者T
編集者T
うん!分かった!

防災グッズは「飲食料品」の「保存期間」をチェック!

編集者A
編集者A
次に防災グッズを選ぶ上で重要なポイントは、防災グッズのセット内容に含まれる

「水」や「食料品」の「保存期間(賞味期限)」をチェックする

編集者A
編集者A
という所だね!防災グッズの飲食料品は長い物で7年~10年の保存が効く水や非常食もあるんだよ!また、その飲食料品は「いざという時」に役立つ物だけど、その「いざ」という時に頼っていた」や非常食の「期限切れ」で口にできないのであれば本末転倒になるよね?
編集者T
編集者T
そうだね。
編集者A
編集者A
保存期間(賞味期限)は、なるべく長く保存できる飲食料品を選ぶことはもちろんのことだけど、飲食料品の保存期間(賞味期限)をしっかり目に見える所に記録しておくことで飲食料品の入れ替えがスムーズに行うことができるはず。何が起きるかは分からないから、保存期間(賞味期限)の「1ヶ月前」くらいからは商品のチェックをしてみて入れ替えるということを忘れないでね!
編集者T
編集者T
大切なことだね!
編集者A
編集者A
そうだね、保存水や非常食を入れ替えることで「もったいない」という意識もあるかもしれないけど、実は反対で「災害に合わずに済んだ」って考えると防災グッズに愛着さえ湧くかもしれないね!
編集者T
編集者T
そうだね、災害に合わず生きれることは幸せなことだね!

防災グッズは「中身」で選ぶ!

編集者A
編集者A
続いても、主に「避難用」の防災グッズについてのことになるけど、大切なことだよ!災害時に持ち出す避難用防災グッズのは別名「非常用持ち出しバッグ」とも言われているけど、実際には「何が入っているの?」という疑問はないかな?
編集者T
編集者T
うん!確かに何が入っているんだろう。
編集者A
編集者A
実は、この「何が入っているか」に防災グッズを選ぶポイントがあるんだ!つまり、

防災グッズは「中身」で選ぶ

編集者A
編集者A
ということ。「避難用」の防災グッズの中身は目的別に販売されている場合も多いけど、参考までに政府が公表している防災グッズの必要な中身には、下記の物が記載されているよ!
  • 飲料水
  • 食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん
  • マスク
  • 軍手
  • 懐中電灯
  • 衣類
  • 下着
  • 毛布、タオル
  • 携帯ラジオ、予備電池
  • 携帯電話の充電器
  • 使い捨てカイロ
  • ウェットティッシュ
  • 洗面用具
  • 携帯トイレ

※首相官邸「防災の手引き」参照

編集者A
編集者A
この他にも「乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。」などが公表されているから、自分に必要な物は防災グッズに含まれていないケースもあるから、自分で用意して防災グッズに入れておくことも意識して防災グッズを選ぶことが大切だね!
編集者T
編集者T
勉強になった!

防災グッズは「人数分」で選ぶ!

編集者T
編集者T
これは、主に「避難用(持ち出す)の防災グッズ」にいえることだけど、

防災グッズには「人数分

編集者A
編集者A
の販売があるから、家族構成のことを考える必要があるね!独身の方は自分1人の身を守る備えがあれば問題ないけど、小さいお子さんや高齢の親族と同居されている方は、その家族に対する「人数分」を備える必要がある。だから、しっかり「何人分の防災グッズが必要で、誰が誰の分を持ち出すか」という所までシュミレーションしておいた方が安心かもしれないね!
編集者T
編集者T
そうだね!しっかり考えておかないとね!

防災グッズは「重さ」で選ぶ!

編集者A
編集者A
そして、最後にお伝えする「防災グッズの選び方」のポイントは、

防災グッズの「重さ

編集者A
編集者A
にあるよ!飲食料品を含む防災グッズの平均的な重量はおおよそ「5kg前後」だから、小さいお子さんや高齢の方に持ち出すのは難しい所がある。一般的に「5kg前後」の重さがあるリュックを負担に感じないのは、お子さんであれば「中学生以上」と言われているんだ。この防災グッズの「重さ」も「いざ」という時のポイントになるからmしっかり考えて選ぼう!
編集者T
編集者T
せっかく準備したのに「重くて運べない!」なんて、ならない様に注意しないといけないね!
編集者A
編集者A
そうだね!準備ができたら一度、家族みんなで防災グッズの「重さ」を確認するのも、家族の防災グッズへの意識が高まるから、良い方法だと思うよ!

防災グッズのおすすめ5選!/「避難用」防災グッズ

編集者A
編集者A
それでは「避難用」の「防災グッズのおすすめ5選!」を紹介するよ!

「防災用品」に特化した30点セットの防災グッズはこちら!

商品名:山善(YAMAZEN) 防災グッズ30点セット

参考価格:5,000円

対応人数:1人用

保存期間:

重量:1.92kg

セット内容:リュックサック、懐中電灯[単三電池3本使用(別売)]、ホイッスル、レインポンチョ、EVAサンダル、アルミシート、アルミブランケット、まくら、非常用給水バッグ、ペーパートレー×3、プラカップ×5、割り箸×5、カトラリーセット、ラップ、アルミホイル、ボディタオル、歯ブラシ×3、綿棒×20、マスク×3、ティッシュペーパー、携帯用トイレ×3、大型ポリ袋×3、ラバー手袋、PEロープ、布テープ、2WAYドライバー、ミニカッターナイフ、ライター、小銭入れ袋、筆記用具セット(ボールペン×1・メモ帳×1) ※Amazon参照

おすすめ度 満足度
4.0 4.0

【製品紹介】

万が一の事態に備えたセット内容になっている「防災用品」に特化した防災グッズをご紹介します。避難には、とりあえずその場から逃げるための「一次避難」、生き残った後に安全を確保するための「二次避難」がありますが、ご紹介する防災グッズはその「一次避難」として備えるために「防災用品」に特化しています。重量も「1.92kg」と軽量のリュックタイプなので女性やお子さんの年齢によっては持ち運びが可能です。また、余裕がある方はもう一つの「防災グッズ」として備えても良いかもしれません。

防寒用品・衛生用品・食品の15種類、防災グッズがこちら!

商品名:アイリスオーヤマ 防災グッズ15点セット O-HR-15P

参考価格:11,980円

対応人数:1人用

保存期間:セット内容に記載あり

重量:4.06kg

セット内容:リュックサック・トイレ処理セット5回分・除菌ウェットティッシュ・非常用アルミ保温シート厚手型・非常用アルミ保温シート寝袋型・ポケットティッシュ8枚入×1・軍手・レインコートLサイズ(身長約170~180cm用・エア枕・毛布(幅約88×奥行約188cm)・タオル(34×80cm)・缶パン85g・氷砂糖15g(保存期間:製造年日より5年)・アルファ米/五目ごはん(保存期間:製造年日より5年6カ月)・アルファ米/チキンライス(保存期間:製造年日より5年6カ月)・秩父湧水 2.0L(保存期間:製造年日より5年)・付属品(防災マニュアル)※Amazon参照

おすすめ度 満足度
4.0 4.0

【製品紹介】

保存期間およそ「5年」の非常食と保存水を備えた防災グッズをご紹介します。保存期間は約「5年」ですが、注意して頂きたいのは「製造年月日」から起算してのことですので、しっかり「賞味期限」を確認しておいた方が良いと思われます。セット内容は簡易的な内容です。「必要最低限」の内容になっていますが、大型リュックを備えているためご自身でも必要な物を足せるスペースがあります。必要最低限の防災グッズだからこそ、自分で必要な物を準備できます。しっかりセット内容を確認されて自分に「必要」な物を準備されてください。

重量わずか「4.5kg」36点セットの防災グッズがこちら!

商品名:HIH 非常用持ち出し袋36点セット

参考価格:12,960円

対応人数:1人用

保存期間:保存水(5年)・カンパン(5年)・えいようかん(5年)

重量:4.5kg

セット内容:災害時ハザードマニュアル・非常持ち出しリュック・手回し充電ラジオライト(ガラケー充電機能付)・緊急モバイルチャージャー(マイクロUSB付)・小型LEDランタン・単3電池(4本)・カンパン・えいようかん・保存水(3本)・非常用給水バック・携帯用トイレ(2個)・トイレの凝固剤(10個入)・ポリ袋(10枚入)・3M防じんマスク(2枚)・防災頭巾・スモークシャットアウト・カイロ(2個)・エマージェンシー3点セット(軍手、笛、ロープ)・冷熱遮断エアーマット・レスキュー簡易寝袋・歯ブラシ(2本)・レインコート(男女兼用1組)・レスキューシート・ポケットティッシュ(2個)・ウェットティッシュ・三角巾・エイドクルー9点/爪切り、エチケットハサミ、耳かき、毛抜き兼ピンセット、爪ヤスリ、キズテープM×3、カラー綿棒×10、ワンタッチ包帯、コットンパフ×3、消毒スプレー※Amazon参照

おすすめ度 満足度
4.5 4.5

【製品紹介】

福島県で被災された企業様が考案し製作まで携わっている防災グッズのご紹介です。実際に被災された経験から本当に必要とされる物が重量わずか「4.5kg」の中に厳選されています。その種類は実に「36種類」と防災グッズとしては最高クラスのアイテムが備わっています。震災にあった年から販売を開始しており、累計30,000セットの販売を突破した防災グッズです。飲食料品も保存期間は「5年」で、保存食で有名、60gでゴハン1杯分のカロリーが摂取できる「えいようかん」も備えてあります。防災グッズを自分で用意するのは難しい方にはおすすめです。

軽量「3.7kg」!避難生活で必要な27種類の防災グッズ!

商品名:角利 防災セット軽量タイプ 多機能リュック入 AE-02

参考価格:13,707円

対応人数:1人用

保存期間:セット内容に記載あり

重量:3.7kg

セット内容:スーパーバランス6年×1、7年保存水×3、LEDパームラジオライト×1、ポータブル充電器×1、サバイバルシート×1、IDホイッスル×1、緊急トイレパック×3、レインコート×1、非常用給水バッグ5L×1、エアーマット×1個、着替え用ポンチョ×1、ダストマスク×1、ロープ5m×1、ウェットティッシュ×1、すべり止め付軍手、単三乾電池4個、伸縮包帯×1、ハサミ×1、綿棒×1、紙テープ×1、ピンセット×1、ポケットティッシュ×3、ポリ袋45L×2、ラップ30m×1、ヘルメット×1、防災メモ、ボールペン※Amazon参照

おすすめ度 満足度
4.5 4.5

【製品紹介】

「一次避難」に必要なアイテムと「二次避難」の避難生活において衛生面を重視したアイテムを備えた防災グッズです。女性や高齢な方も持ち出しができることを意識した「3.7Kg」の軽量タイプであることも魅力の一つです。多機能とも言われている「リュック」は4つのポケットとサイドポケットまで備えます。荷物の量に合わせてベルトを調節できるため空きスペースがあっても、しっかり固定ができ負担に感じる「荷物の揺れ」を防ぎます。通販サイト大手Amazonでも「ベストセラー1位」にもなっている防災グッズです。軽くてもより多くのアイテムが入った防災グッズが欲しい方にはおすすめです。

グッドデザイン受賞!防災士が厳選!30種類の防災グッズ!

商品名:防災セット 地震対策30点避難セット

参考価格:20,800円

対応人数:1人用

保存期間:セット内容に記載あり

重量:5.0kg

セット内容:ダイナモ多機能ライト(手回し発電式・LEDライト・携帯電話充電・FMAMラジオ・サイレン)・5年保存水(500ml×4本)・5年保存缶詰パン(プレーン、オレンジ、黒糖 各1個)・食品加熱袋・加熱剤・非常用簡易トイレ(×3袋)・アルミブランケット・マルチツール・エアーまくら・アイマスク・耳栓・スリッパ・非常用給水袋・緊急用呼子笛(IDカード付き)・レジャーシート・レインコート・カイロ(×2)・布ガムテープ・三角巾・単3乾電池(×4)・アルコール除菌ジェル・水のいらないシャンプー・マスク・救急セット ・緊急時連絡シート・防災アドバイス※Amazon参照

おすすめ度 満足度
4.5 4.5

【製品紹介】

民間資格にはなりますが、「防災士」が被災にあった方にの声を元に30点にも及ぶ避難アイテムを厳選した防災グッズのご紹介です。また、スタイリッシュなデザインが「グッドデザイン賞」を受賞したリュックはリビングや玄関に置いておいても防災グッズとしての存在感はなく違和感もありません。また、火災時にも燃えにくい「防炎素材」雨などの侵入を防ぐ「防水素材」汚れにくい「防汚性能」などの多機能リュックとして実際に熊本地震でも使用されています。避難用としては非常に優秀な防災グッズです。

. 防災グッズを購入しました。 * 実は先日の地震の直後に予約していたもので、やっと最近届きました。 . 今までは少しの食料と長期保存水のみしか備蓄しておらず、見直しました。 . 玄関の目の着くところに置けるものをと探していたところ、色々な企業で採用されており、グッドデザイン賞受賞もしているこちらを発見。 . 到着まで1ヶ月ほど待ちました。 . これだけでは全然足りないと思うので、これから不足しているものを買い足していきたいと思います。 . 子供用リュックも用意しなくては‥!! . こんなもの準備しておくと便利だよというものがあれば、ぜひアドバイスお願いします! . . . 全国の大雨の被害が大きすぎて、ニュースを見る度辛いです。 . . これ以上被害が拡大しませんように。 そして1日でも早く元通りの生活に戻れますように。 . . . . おまけ 最近、主人の親戚の方から単焦点レンズ(25mm)というものを譲ってもらいました。 . カメラが苦手な私でも簡単にそれっぽい写真が撮れるようになりました。 . 併せてFlashAirSDもいただき、簡単に携帯に写真を移すことが出来るように‥ (え?今さら?と思われる方もいらっしゃると思いますが、本当に本当に私カメラについては無知なんです‥ごめんなさい。) . これから無駄に一眼で撮ったやろお前!的なpicが増えると思いますが、どうぞ暖かく見守ってください。 . . 防災グッズは #楽天roomに載せてます . プロフィールのリンクからご確認ください。 ☟☟☟ @yuma_ismart . . #一条工務店 #アイスマート #ismart #おしゃれ #モノトーン #インテリア #注文住宅 #モノトーンインテリア #マイホーム #収納 #赤ちゃんのいる暮らし #チワワ #犬のいる暮らし #子供のいる暮らし #防災グッズ #防災グッズ見直し #グッドデザイン賞 #災害対策 #ゆまさんのガチ防災グッズ #カメラ #ミラーレス一眼 #オリンパスペン #単焦点レンズ

yumaさん(@yuma_ismart)がシェアした投稿 –

防災グッズの「おすすめ5選」と「選び方」まとめ

編集者A
編集者A
今回は「災害対策」の一つ、「防災グッズのおすすめ5選!」と「防災グッズの選び方」について紹介してきたけど、参考になったかな?
編集者T
編集者T
うん!今まで「災害」に対しての意識が低かったから、この機会に防災グッズをしっかり準備しようと思っているよ!
編集者A
編集者A
そうだね、今後30年以内に起こると言われている「南海トラフ地震」や水害などにもしっかり備える必要があるから「防災グッズ」もしっかり準備しておきたいね!
編集者T
編集者T
そうだね!
編集者A
編集者A
皆さんもよろしければ、今回ご紹介した「防災グッズのおすすめ5選!」と「防災グッズの選び方」を参考に災害への対策と準備を意識されてください!