コラム

電話番号検索は無料か?住所から市外局番から検索、個人や会社の調べ方

電話番号検索は携帯電話を紛失してしまったときや、特定の企業に電話をかけたいときに利用することで、効率的に電話をかけることが出来ます。これは現在携帯電話が普及して、電話番号を記憶しておく必要が無くなった現代に大きな利点となっています。かつては手帳や電話帳に書き留める事がほとんどでした。

しかし携帯電話の普及により、一度携帯電話に登録してしまえばボタンを押すだけで連絡がとれるようになった為、電話番号検索が不要となりつつあったのです。しかし携帯電話が破損し、必要な電話番号が使えなくなってしまった時に有用だと、電話番号検索は評価を得ることになりました。そこでここでは電話番号検索に関する方法についてをまとめました。




電話番号検索は無料で利用することが出来るのか?

電話番号検索はすべて無料のサービスです。しかしこれはインターネット検索や、古くから利用されているタウンページ、ハローページから探し出すといった方法で検索する場合に限ります。現在は電話会社が提供している番号案内に関しては、すべて有料のサービスになりました。

又サービスを利用しても相手が電話案内や電話帳の掲載を希望していない場合は、相手の番号を知ることは出来ないというデメリットもあります。現在インターネット上には無料で、多数の情報から電話番号を検索できるサイトが存在しており、ある程度の限られた電話番号であれば知りたい電話番号を無料で検索できるようになっています。

住所や市外局番から、企業の電話番号検索する方法

市外局番を含む電話番号から、個人の住所を検索するというサービスは、電話会社や検索サイトでは出来ないということになっています。しかしインターネットにある電話番号検索サイトでは、登録された企業の具体的な住所は掲載されるようになっています。そのためここに掲載されている店舗や企業であれば、住所や市外局番から電話番号を検索することが出来ます。

検索方法は電話番号検索サイトで、電話番号を検索したい場所の住所や市外局番を入力して検索するだけです。市外局番検索であれば、まずその市外局番が使用されている県や市を絞り込むことに利用することができます。又住所から検索する場合は、電話番号の他にも具体的な企業名等を知ることに利用することができるようになっています。

このように住所や市外局番から電話番号を探す場合は、手元にある情報でどこの企業か知りたい場合や、実際の登録業種等の必要最低限の情報を知るときに便利です。



個人や会社の電話番号の調べ方

まず会社の電話番号を知りたい場合は、会社の名前を通常に検索をするだけで、必要としている会社の電話番号がわかります。この中で知ることが出来る多くの電話番号は企業が自社のホームページで発表している、所謂問い合わせ用に使用している番号であり、特定の場所や企業間の連絡で使用している電話番号ではありません。

そのため社員が会社外で使用している電話番号のような、ある程度周囲に公開されている番号に関しては検索サイトから探し出すことができます。但し個人名での検索でも同様ですが、個人情報や機密に直結する電話番号は検索することが出来ません。

理由は個人情報の情報を守り、情報の悪用を防止するためであり、相手が検索して簡単に情報を得ることをできないようにしているのです。事実既に検索サイトに登録されている電話番号や、外で様々な人へ向けて使用されている電話番号のみが、電話番号検索サイトで検索できる番号になってます。

そのため電話番号を知りたい相手が知人や見知った人である場合は、有料の電話番号案内を利用することが最も確実な方法です。こちらの場合は問い合わせをしている電話会社に、特定の相手が電話帳登録をしている場合に限り、番号を知ることが出来ます。

まとめ

電話番号検索サイトは多くの場合、知りたい場所の電話番号を調べるという他に、勧誘電話や悪質な事をしている企業の電話番号を共有する目的も持っています。又急病やトラブルごとに問い合わせるための緊急時用の電話番号も、まとめられた状態で多数掲載されているため、電話番号を検索する以外にも利用方法や目的も多く有しています。

電話番号の検索方法も住所や市外局番から検索できるような多様性があり、現在では最寄りの駅からチェーン店等の電話番号を知ることも可能になっているため、忘れ物や問い合わせに用いることも簡単にすることが出来るようになりました。パソコンだけでは無く携帯電話から検索サイトを利用することが出来るのも大きなポイントで、急に必要になった連絡先を簡単に問い合わせすることが可能である点が、現代の電話番号のあり方に適していると言えます。

今後も個人情報に関する課題が増えていき、利用できるサービスが少なくなる可能性もあります。便利さに呑まれないように情報を利用できるようにすることが最も大切です。