コラム

自動車税と重量税の違い。早見表や勘定科目について解説

自動車を所有していると、何かと物入りですよね。ガソリン代などの維持費だけでなく様々な税金が自動車を所有しているとかかっています。代表的なものとして自動車税(もしくは軽自動車税)、自動車取得税、重量税など…。今回は自動車税と重量税の違いについてご説明します。




自動車税って?

車を所有している皆さんがよく知っておられるのが、「自動車税」かと思われます。
毎年4月末から5月初めになると納税通知書兼納付書が届きますよね。4月1日時点での車検証上の所有名義人に対し、送られてきています。
自動車税というのは自動車を所有している時にかかる税金で、その年の4月1日午前0時の時点で車を所有していると、4月1日から翌年の3月31日までの1年分の自動車税を納付しなければなりません。

所有しているだけで毎年取られるなんて…と思いがちですが、道路を整備するための費用を負担する、といった側面もあるそうです。
ちなみに自動車を取得した時にかかる税金が、自動車取得税になります。これは購入した時1回きりの税金です。
消費税が10%に上がるということもあり、自動車取得税廃止の話も出ているようですが…、現在のところ進展はないようです。

自動車税は課税の税率は細かく分かれ排気量や、車種、自家用車なのか営業車なのかによって異なります。
また車種によってはエコカー減税の対象となり割引される場合もあります。電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、ラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車などは免税、もしくは減税となっています。ただし、新車登録から一定の年数を超えた自動車は重課税措置による増税となる場合があります。

自動車税はその所有している車に実際に乗っているとか乗っていないとかは関係なく、所有しているだけでかかる税金ですので、もしも駐車場に誰も乗っていない置きっぱなしの車があるようでしたら、早めに廃車の手続きを取ったほうが良いかと思います。
この自動車税は1年分をいわば前払いのような感じで支払っていますので、もし年度の途中に廃車にしてしまった場合は、廃車にした翌月からの自動車税が月割で計算され還付されます。
売ってしまった場合は少しややこしくなります。所有者が変わってしまうことになりますが、自動車税はその年の4月1日の時点での所有者に課税されることになっているので、厳密に言えば旧所有者が税金を払う義務があり、新所有者が払う義務はないと言えるのです。しかしながら売ってしまった方からすれば、もう所有していない車の税金を支払うなんてごめんですよね。そういったトラブルが起こりやすいので事前に自動車税についての取り決めをしておくこと、納税証明書を旧所有者からもらっておくことがトラブル回避につながります。
一般的には新所有者(購入した側)は旧所有者(売却した側)に対し、名義変更が発生する月から、翌年の3月31日までの自動車税を月割り計算した額を支払うようです。

重量税って?

自動車重量税は、新規登録もしくは車検時に車検証の有効期間分にあわせて支払っています。自動車の重量に対して毎年課税される税金です。
新車で購入した場合は、最初の登録から3年後に初めての車検、その後は2年ごとに車検となっていますが、この車検時にいわば前払いのような感じで支払っています。
車検と一緒になっているのであまり気にされない方も多いかと思いますが、エコカー減税の対象となっている車を購入した場合は、優遇措置として減税もしくは免税となります。
重量税は車検証の有効期間分をまとめて前払いしていますので、もしも廃車にした場合は、申請手続きをすることで多く払いすぎている分を還付してもらえます。



車の重さによって値段は変わるの?

自家用車の場合は、車の重さが0.5トンずつ重くなるごとに税額が変わります。軽自動車は一定料金となっています。また、新規登録から13年経つと税額が上がります。
18年以上経つと更に上がります。
詳しくは自動車重量税の早見表を参考にしてください。
http://www.mlit.go.jp/common/001182263.pdf

自動車税や自動車重量税を経費として計上できるの?

自家用車であればそこまで深く考えなくてもいいのですが、社用車(営業車)にももちろん自動車税はかかりますし、車検も必要ですしその際に自動車重量税を支払っています。
社用車を経費として計上することはもちろんできます。が、勘定科目をどうすればいいのか悩みますよね。
結論を言いますと自動車税も自動車重量税も勘定科目は租税公課となります。車両経費とも考えられなくもないですが、こちらはガソリン代やETCなど維持費などが当てはまります。車検も基本料金や自賠責の保険料、重量税に代車の費用や印紙代など込みとなっていますが、印紙代と重量税に関しては租税公課、基本料金や代車は車両経費と仕訳することが多いようです。

まとめ

以上簡単にですが自動車税と自動車重量税の違いについてご説明しました。
自動車税は毎年5月ごろに納税通知書兼納付書で車検証上の所有名義人が支払うもの、自動車を所有しているだけで毎年かかります。
自動車重量税もまた毎年かかるものですが、新規登録や車検時(2年3年ごと)に支払っているのであまり意識していない税金かもしれません。
どちらも環境に配慮したエコカーを新規購入した場合は、減税や免税措置をうけられることもありますが、新規登録からある一定年数を超えた車両については増税措置を取られています。
どちらの税金も廃車にした場合は、申請手続きをしておけば廃車翌月から多く払いすぎていた税金が還付されます。