コラム

新名神高速道路の開通予定や路線図、サービスエリアや混雑状況について

新名神高速道路は三重県と兵庫県をつなぐ日本の大動脈となる高速道路です。起点は三重県の四日市市で、滋賀県、京都府、大阪府を通り終点は兵庫県の神戸市です。しかし、全線開通はしていません。現在開通している区間は三重県の亀山市と滋賀県の草津市、京都府の城陽市と八幡市、大阪府の高槻市と兵庫県神戸市です。
既存の名神高速道路よりも車線が広く、トンネルも明るいのが特徴で、東海地方と関西圏の所要時間が最大で30分短縮されました。




今後の開通予定は?


今後、開通予定である三重県四日市市と亀山市、滋賀県大津市と京都府城陽市、京都府八幡市と大阪府高槻市が開通すれば現状よりも名古屋大阪間の所要時間が大幅に短縮します。
この新名神高速道路は名神高速道路がなんらかの理由で不通になった場合の代替路線として機能するだけでなく、渋滞も減少します。並走する中国自動車道の渋滞の名所と言われていた宝塚トンネルでは、新名神高速道路の開通により渋滞回数は9割減少したというデータもあります。
渋滞が減少すれば事故も減少しヒトやモノの流れがスムーズになるためいいこと尽くめです。
この新名神高速道路の開業は東海地方や関西圏だけの話ではありません。

新名神高速道路の路線図

路線図を見てみると、まず起点となる四日市JCTでは東名阪自動車道と伊勢湾岸自動車道と接続します。東名阪自動車道は名古屋方面と接続しています。伊勢湾岸自動車道は東名高速道路や新東名高速道路と接続しており、関東圏からくる自動車やトラックが通ります。亀山JCTも東名阪自動車道と接続しており、伊勢方面を結びます。
草津JCTでは名神高速道路と接続し、琵琶湖周辺一帯をカバーします。城陽JCTでは京奈和自動車道と接続し、奈良方面を結びます。八幡京田辺JCTでは第二京阪道路と接続し、大阪北東部がつながります。
高槻JCTでは名神高速道路と接続し、大阪市内方面を結びます。
そして、終点の神戸JCTでは山陽自動車道の瀬戸内方面、中国自動車道の広島、九州、山陰などを結びます。このように見てみると、西日本全体に効果をもたらす高速道路であることがわかります。



サービスエリア

やはり、長時間のドライブでは休憩も欠かせないですよね、休憩をするならやっぱりサービスエリアです。もちろん新名神高速道路にもサービスエリアはあります。現在開業しているサービスエリアは2か所です。これらを順番にご紹介します。

土山サービスエリア

土山サービスエリアは滋賀県甲賀市にあります。土山バスストップというバス停もあり、大阪方面や名古屋・東京方面へもここから乗ることができます。一般の方も高速道路に乗らずに入ることができます。甲賀市内には焼き物の信楽焼で有名な信楽地区があり観光地としてもおすすめの地域です。
さて、滋賀といえばやっぱり近江牛ですよね。この土山サービスエリア内にも近江牛が食べられるお店があります。サービスエリアとあなどるなかれ、本格的なステーキが楽しめます。サーロインステーキにリブロースステーキ、ハンバーグにローストビーフ丼など種類も豊富です。これはぜひとも味わいたいですね。
次に、フードコートのご紹介。フードコートは家族連れでも安心の149座席です。ラーメン、ウナギ、どんぶり、うどんとバラエティ豊かです。
また、価格もリーズナブルなのでおすすめです。お土産コーナーは滋賀県の名産品やお隣りの三重県の名産品を取り扱っています。もちろん近江牛にちなんだお土産もあるのでぜひ足を運んでみてください。

宝塚北サービスエリア

宝塚北サービスエリアは兵庫県宝塚市にある西日本最大級のサービスエリアです。宝塚といえばやっぱり宝塚歌劇団ですよね。こちらのサービスエリアはスマートインターチェンジとなっておりETCがあれば降りることができます。
また、このサービスエリアは宝塚歌劇団をテーマとしており、第3日曜日は歌劇の日となって宝塚歌劇団のOBの方のショーを見ることができます。一方、宝塚といえば偉大なる漫画家手塚治虫氏の出身地でもあります。サービスエリア内には手塚治虫作品の庭木で作られた彫刻作品もあります。
もちろん、売店には手塚治虫さんのグッズを販売していますよ。そして、このサービスエリア最大の特徴といえるのがトイレです。内装は宝塚歌劇団を意識した宮殿のような雰囲気で、豪華なシャンデリアが飾られています。グルメでは、タリーズコーヒー、アンリ・シャルパンティエが出店しており、まるでデパートのようです。
それに加えてフードコートでは地元の郷土料理も楽しむことができます。さすが西日本最大級とだけあって、1日中いても飽きることのない空間に仕上がっています。そのため、混雑状況には要チェックです。

まとめ

新名神高速道路は日本の大動脈で、ヒト・モノの流れを支えています。その一方で沿線には魅力的な地域も多く、名産品もたくさんあります。サービスエリアでは気軽にその場所のおいしいものを食べることができたり、お土産も買うことができたりします。ぜひ新名神高速道路でお出かけしてみてはいかがでしょうか。