コラム

つくばエクスプレス路線図や時刻表、料金や混雑について

つくばエクスプレスは東日本の東京から茨城県あたりを走る路線の1つですが、詳細を知るためには現在の状況と過去の歴史的背景まで知っておく必要があります。

ここではその概況を簡易的に記載しています。




つくばエクスプレスとは?

つくばエクスプレスは首都圏新都市鉄道株式会社が運営する鉄道路線で2005年8月に開業しました。路線は秋葉原から北千住を経て北東へ延びていて、つくば駅まで至ります。路線の長さは58.3キロで駅の数は全部で20となっています。

レールの幅は1067㎜で全区間が電化されていますが、秋葉原から守谷までは直流1500Vに対して、守谷から北側は交流25000V50HZとなっています。守谷から北側が交流で電化されてるのは気象庁地磁気観測所が茨城県の石岡市にあり、その観測過程で直流だと観測に悪影響があるからだとされます。つくばエクスプレスは地下区間と高架線で成り立って、踏切が1つとして存在しません。信号装置は車内信号方式のATCとなっています。さらにATOも整備されてるので運転士がいながらも自動運転を行っています。

最高速度は時速130キロメートルですが、実際の通常運転では時速130キロメートルには達しないで数キロほど下の時速125キロメートルほどとなっています。この路線は1980年代から常磐線の補完的路線として構想があり、完成後はJR東日本の運営をもくろんでいましたが、JR東日本自体が運営に消極的だったために、新たに首都圏新都市鉄道会社を発足させて現在に至ります。使用される車両はTX-1000系とTX-2000系で1000系は直流専用、2000系は交直流両用となっています。

そのため1000系は秋葉原から守谷までしか使用できず、守谷からつくばまでの区間で使用されるのは2000系だけです。なおどちらの車両も4扉の20メートル車体が6両編成ですが、1000系ではすべてロングシートに対して、2000系では中間の2両がセミクロスシーととなっています。なお近い将来にTX-3000系が登場予定と報道されています。

つくばエクスプレスの路線図について

つくばエクスプレスの路線図は路線自体が1つしかないので大雑把に描けば秋葉原から北東へ一直線に描くことができます。このつくばエクスプレスの東側にはJR東日本の常磐線があり、ほぼ並行して描くこともできますが、守谷を過ぎると徐々にその距離は離れていく傾向となります。秋葉原から北千住に至るまでは他社線と完全並行する形で、そこから先の南流山でJR東日本の武蔵野線、流山おおさかの森で東武野田線、守谷で関東鉄道の常総線と乗り換えられます。これらの路線はつくばエクスプレス線とは対照的に東西を移動する形でクロスしています。

つくばエクスプレス時刻表一覧

つくばエクスプレスの列車は普通と快速と通勤快速と区間快速の4種類の列車種別が存在します。いずれの列車も乗車券だけで利用可能で、指定席とかなどの料金券は別途必要ありません。秋葉原から北千住までの4駅間はすべての列車が停車します。快速は北千住を出ると南流山、流山おおたかの森、守谷と終点のつくば駅だけとなります。終点以外の3駅は他社線の乗り換え駅となっています。

通勤快速は快速の停車駅からさらに六町、八潮、柏の葉キャンパス、研究学園の4つが追加されます。一方で区間快速は北千住を出ると青井と六町を通過し、八潮から南流山まで3駅連続停車、流山セントラルパークを通過し、流山おおたかの森と柏の葉キャンパスに2駅連続停車、柏たなかを通過、守谷から終点まで各駅に停車します。六町は通勤快速は停車しても区間快速は停車しないので注意を要します。

昼間時間帯は快速と区間快速と普通だけの運転で通勤快速は存在しません。昼間時間帯のパターンダイヤは快速と区間快速が30分おきでつくば駅まで出入りします。普通はつくば駅まで出入りするのが30分おきで、途中の守谷までの列車は4本となっています。

そのため秋葉原から守谷までは全部ひっくるめて6分おき間隔となりますが、普通はそのうちの6本となっています。守谷からつくばまでは各駅に停車する区間快速と普通を合計して4本となります。朝夕はパターンダイヤが崩れて快速の代わりに通勤快速が登場する時間帯が出現したり、区間快速が1時間に4本になるなどしています。



つくばエクスプレスの料金は?

つくばエクスプレスの普通片道乗車券は全部で22段階に区分されています。この普通乗車券はJR東日本や都営地下鉄などと同様にIC乗車券と切符の乗車券とでは金額が異なっています。IC乗車券は1円単位で処理されて、端数は常に切り上げの切符よりも安くなりやすい傾向を引き出し、同時にIC乗車券での利用促進を促しています。IC乗車券での初乗りは3キロまでで165円、最高は58から59キロの1183円となります。

つくばエクスプレスの利用状況は?

つくばエクスプレスの利用状況は通勤や通学をはじめ、観光や法事などの用務客などが年々増加傾向となっています。開業当初の2005年は1日で約15万人ほどの利用でしたが、2017年時点では約37万人ほどとなっていて、朝時間帯の混雑率も現在では160パーセントを超えるほどまでに増加してきています。

まとめ

つくばエクスプレスは2000年代になって開業した比較的新しい路線で踏切が一切存在しません。開業当初は収益性などが懸念されましたが、現在は利用者の拡大に伴い利益の出る路線となっています。